HOT STAFF's Monologue !

体験したこと、感じたこと、思ったこと、伝えたいこと・・・

いつも行く八百屋さん。
業務用卸をしているお店で、●●店に卸しているとのこと。

普通のお客さんは、だいたい14時~19時に購入できる。
建物中は狭いので、小売りをするときは店の外に野菜を並べる。
野菜に陽が当たらないように段ボールで遮っている。
小売りは外で売るので、雨の日休みとなる。
このお店は安く買えるので、重いというぐらい買ってもなかなか1,000円を超えない。
小売りのサイズが買いやすく、重宝する店だ。

服用している薬達

いつも寝る前に、翌日分の薬を仕分けている。
起きて直ぐ服用する薬があり間違えないため。

1日分の薬を仕分けてみると多い(写真の左から、朝、昼、夕に服用)

薬の山を見ていると、のサイズや色、パッケージのサイズや色が様々である。
病気の症状により薬は増えたり減ったりして、今の月額は20,000~25,000円
年間250,000円も払っていると思うとため息が出る。

薬の在庫

病院に行ったら某A科で、処方されている薬の容量が増える。

いつも利用している薬局で処方箋を見せると、いつも通りに処方を始める。
今回は時間がかかる薬が無かったので、テレビを見ながら待っていた。

自分の処方箋を見ながら、薬剤師さんが端末とにらめっこしている。
薬剤師さんがにらめっこして固まっている姿を見ると、在庫切れの薬があると閃いた。
また、どの薬かも予想でき、滅多に処方されない容量だからと考えてた。

薬剤師さんも『Give Up』したのか、次の3つの申し出がある。
1)多店舗に在庫を問い合わせて取りに行く
2)半分の容量を2つにして、同容量にする
3)発注して入荷待ちをする

1)在庫の問い合わせは、薬剤師さんが大変なので遠慮した。
2)半分の容量を2錠で合わせるのは、薬代が約1,000円高くなるので薬剤師さんの方が気を使って流れる。
3)入荷待ちを聞いてみると、早ければ明日のお昼までには入荷するとのこと。

この3択だと3番の明日の入荷を待つことを選ぶ。

この薬は、某A科と某B科の両方で使われる薬。
某A科は最大容量まで処方し、某B科では最大容量の4分の1以下で処方する。

某A科で今回処方された容量では、容量の大きい錠剤をつかう。
某B科では、この容量の大きい錠剤は使わない。

3年前まで診ていただいていた医師からは、自分と同じ容量を処方したことがないと言っていた。
この医師は、有名な某大学付属病院の副部長をしている。
大学病院で処方したことが無い容量を服用する自分は何なんだろう?

比較的調子が良い時で2分の1、悪い時は4分の3を服用している。
自分が服用する量を飲むと、朝起きれなくなるし、会社へ通勤することも難しくなるらしい。

考えてみたら、ある意味、危ない薬を服用しているものだ。

曇り空の七夕

今日は七夕だが、残念ながら曇っていて星が見えない。
七夕は平年なら梅雨の真っ只中で、時期的にも晴れる日は少ない。

七夕の2つの星は、ベガアルタイル夏の大三角を構成している。
夏の大三角は、はくちょう座α星『デネブ』、わし座α星『アルタイル』、こと座α星『ベガ』の3つの星で、全て1等星だから見つけ易い。
ベガが『おりひめ星織女星)』、アルタイルが『彦星牽牛星)』で、2つの星の間には綺麗な天の川が流れている。

今年は見えなかったが、来年は見ることができるだろうか?

6月末日

今年は6月に梅雨が明ける。
梅雨に入ったことすら気付かなかったので、今年の梅雨は何日あったことやら。

気象庁のホームページで、梅雨らしい天気図を見つけた。
2年前の2020年7月4日から7日までの天気図で『これが梅雨!』というもの。

今朝も晴れ上がり、暑い一日だった。
家から駅に行くまでの約10分間で、熱中症脱水症状を起こしそうだった。

小学生の夏休みの宿題に『なつやすみのとも』というものがあり、天気気温を書く欄があった。
当時、夏休み約40日で、30度を超える日が何日あったかぐらいである。
今は35度が当たり前で、35度を超える日が多々ある。
明日から7月だが、今年はどんな夏になるのだろう。

障害者手帳・自立支援医療費支給認定

自分の精神疾患は以前、主治医に『今の医学では治らない』と言われたことがある。
症状が複雑で、薬も効かないというレアケースなのだそうだ。

今回、ダメ元で『障害者手帳』と『自立支援医療費支給認定』を申請してみた。
指定の診断書を区役所の『障害者等の保健福祉相談窓口』で受け取り、主治医に記載して頂いた診断書を区役所に提出した。

診断書を担当者に渡したら『障害者手帳自立支援医療費支給認定の申請書に記入して下さい』と言われ記入する。

記入しているときに『マイナンバーカードを見せて下さい』と言われカードを渡す。
申請書を書き終えて担当者が申請書を確認していたら写真が無いということになり、インスタント写真で写真を撮る。
写真を撮って戻ると担当者から『手帳は紙製プラスティック製のどちらがいいですか?紙製は2ヶ月、プラスティック製は3ヶ月かかります』と尋ねられる。
紙製は濡れると困るのでプラスティック製を希望すると、担当者から『3ヶ月したら郵便物が届くので、郵便物を持って窓口に来て下さい』と言われ手続きは終わる。

不思議なことに『障害者手帳』『自立支援医療費支給認定』の認定が即日で決まる。
更に、自立支援医療費支給は当日から使えるとのこと。
自分は、申請書を提出してから審査があり、それから交付されるかどうか決まると思っていた。
今は、即日で決まるものなのかと目が点になる。

SHOW ONE'S FEELINGS 『深呼吸 出来る日を探す日』

2022年6月23日 OPEN 18:30 / START 19:00 新大久保 CLUB Voice

SHOW ONE'S FEELINGS のライブに参戦。
SHOW ONE'S FEELINGS が、2年2ヶ月振りのライブと言っていたので、前回は2020年2月頃か。
2020年2月は、自宅療養から会社に復職したときと重なるから参戦できなかった。
また、2019年4月に左足首を骨折したから、最後に参戦したのは2019年4月より前だから2018年のライブか。

ライブはいつも音楽と演劇が融合したもので、しかし、今回は音楽が中心だった。
次のライブは秋から冬にかけてだろうから、今から楽しみである。